tottoco*とっとこぼし

とっとこ走ってピカリと輝く星を見つけたい 美ジョガーに憧れる初心者ランニング女子のブログです。 2017年9月に始めたランニング。 初フルマラソンになる名古屋ウィメンズマラソン2018に向けて日々こつこつと丁寧にトレーニングをしていきます。 暮らしを豊かにするランニングスタイルで、笑顔で完走を目指します。

秋のシャワーラン必須アイテムのウインドブレーカーとおすすめポイント

シャワーラン

「雨の日のランニングウェアコーディネートは?」「ランニングにおすすめのウインドブレーカーは?」

雨の日にランニングすることをシャワーランと言うのですね。

秋の長雨で週間天気予報は雨マークがずらりと並んでいて、なかなか天気が回復しません。 一週間も走れないなんて我慢できない!と、雨が小降りになったタイミングを狙ってランニングしました。

普段のランニングと違って、秋のシャワーランコーディネートは雨と寒さ対策が必要です。

ウインドブレーカーと一言で言ってもその種類は様々です。私がシャワーランをした時に感じたおすすめのウインドブレーカーのポイントをご紹介します。

 

雨で身体が冷えないように防水性ウインドブレーカーは必須

真夏の暑い時期ならともかく、秋で気温が下がってきたこの時期は雨に濡れたままランニングをすると身体が冷えてしまいます。

雨に濡れないようにするために傘を持って走るわけにもいきませんので、着るもので雨を防ぎたい。そんな時に一番最初に思いつくのがレインコートですが、レインコートでは快適なランニングができません。

そこで必須になってくるのがウインドブレーカーです。

秋冬用の防寒対策として購入したウインドブレーカーですが、雨の日のランニングにも最適な理由が4点あります。

  • 風を通さない
  • 撥水性がある
  • 通気を確保するベンチレーターがある
  • 裏地付きで運動性確保

では、1つずつ見ていきましょう。

ウインドブレーカーの生地は風を通さない

ウインドブレーカーは、風による体温の低下を防ぐことを第一の目標としているだけあって、冷えた風が吹きつける雨の日でも寒さを感じません。

ランニング中はもちろん、ウォーミングアップ中や、走り終えた後のストレッチをしている間に汗に濡れた身体が冷たい風に当たったら一気に体温が下がって風邪をひいてしまいます。軽くて保温性のあるウインドブレーカーなら快適です。

撥水加工の生地で軽い雨なら大丈夫

ウインドブレーカー無しで雨の中ランニングをすると、シャツが濡れて重くなり、身体に張り付いて動きにくく、冷たい雨と風で身体も冷えてしまいます。

私が購入したニューバランス ウインドブレーカー JWJR7500 Mは、生地の表面に撥水加工を施してあるので、雨を弾いて生地に染み込むのを防いでくれます。

大雨ではレインコートにかないませんが、少々の雨なら軽い生地で雨を防いでくれるウインドブレーカーの方がランニングに適しているのは間違いありません。

ベンチレーターで通気してくれるから快適

背中にあるスリットはベンチレーターと言われる通気口の役割をする物で、内部の蒸れを軽減してくれます。

ランニングにおすすめウインドブレーカー「裏地」走っていると段々と汗をかいて体温も上昇して、風を通さない生地でできたウインドブレーカーの中が蒸れてくるのですが、ペンチレーターがあれば大丈夫。

前から入ってきた風邪が背中側のこのスリットから抜け出ていって、ウインドブレーカーの中の蒸れた空気を排出してくれるので、快適に走っていられます。

スリットは下向きに開いているので、雨が侵入してくる心配はありません。快適。

裏地があれば汗でくっつかなくて運動性確保

ウインドブレーカーを選ぶ時にかならずチェックしてもらいたいのが裏地の有無です。

ランニングにおすすめウインドブレーカー「ベンチレーター」おすすめは裏地が付いている物!

ウェアが身体に張り付いてしまうと腕を振りにくくて、ランニングフォームも崩れて動き辛いですよね。

裏地には肌当たりを良くするだけでなく、汗で生地がベタベタと身体に張り付くのを防いでくれます。さらに、生地と肌との間に隙間ができることで、保温性も上がって暖かい。

あるのとないのとでは大違いです。

冬仕様のモコモコした裏地の物もありますが、オールシーズン使えるメッシュタイプをおすすめします。

帽子(キャップ)で雨の中でも視界を確保!

もう一つの必需品が帽子(キャップ)です。

雨が顔にかかると視界も悪くなって危険ですし、何より身体に負担がかかるので走りにくいのです。サングラスでも目元の雨は避け切れますが、夜走る時には視界も悪くなってしまうのでおすすめできません。

顔に雨がかかるのを防ぐだけならサンバイザーでもいいのですが、キャップをお勧めする理由は髪や頭が雨に濡れるのも守ってくれるからです。

髪にも頭皮にも雨は決して良くはありません。

帽子で視界も頭も守って、快適にシャワーランを楽しみましょう!

雨が降る夜のランニング記録

シャワーランの記録

雨が降る夜のランニング記録

タイム   18:47
走行距離  2.55km
平均ペース 7’21"

できれば雨の中走りたくはないのですが、連日雨が続いていたので止むを得ずシャワーランを決行しました。

土砂降りの雨なら諦めがつくのですが、雨雲レーダーを確認したら雨雲の隙間を発見!外を確認すると霧のような雨でほとんど降っていないのと同じだったので、これは行くしかない。

初めてのシャワーランでしたが、ウインドブレーカーと帽子のおかげで、小雨が降る中でもほとんど普段と変わらないランニングすることができました。

雨の中走っていると、すごくストイックな人みたいでアスリート気分でランを堪能しました。