tottoco*とっとこぼし

とっとこ走ってピカリと輝く星を見つけたい 美ジョガーに憧れる初心者ランニング女子のブログです。 2017年9月に始めたランニング。 初フルマラソンになる名古屋ウィメンズマラソン2018に向けて日々こつこつと丁寧にトレーニングをしていきます。 暮らしを豊かにするランニングスタイルで、笑顔で完走を目指します。

足を痛めて休足した後、ランニングを再開する前にチェックしたい3つのポイント

ランニングを再開する前にチェックしたい3つのポイント

どれだけ気をつけていても、筋力不足のランニング初心者に怪我はつきものです。

ひねったりしなくても、ランニングで着地の衝撃を繰り返すことで、足首、膝、太もも、足の付け根が痛くなるのです。

足を痛めたらもちろん休足すると思いますが、ランニングを再開する判断基準をしっかり持っていますか?怪我を繰り返さないためにも、ランニングを再開する前にチェックをする項目を決めてみました。

ポイントは、”完全無痛” ”ほぐれた身体” ”ゆっくり”の3つです。

 

完全無痛になるまでとにかく休む!

身体のどこかが痛くても、痛いうちに入れないところってありませんか?頭痛持ちで痛いのが当たり前、我慢するのが当たり前になっている方を知っています。

足を痛めた時にそれをただの違和感で済ますのか、痛みだと判断してきちんとケアをするのか、人によってその基準は違っているように感じます。

日常生活を過ごすだけで歩きにくかったり、いつもと違う感覚がある状態は、ベストコンディションではありません。走れる身体に変わっていく途中にある初心者は、少しの違和感でも走るのは我慢して、ベストコンディションになるまでは休むのが一番です。

何かトレーニングしたくて焦る気持ちはいい結果を招きません。

参考記事:足に違和感や痛みがある時でも我慢して走る!?休足できない理由とは

準備運動で関節を動かして身体をほぐす

しばらく休足した後は身体が硬くなっているので、準備運動を入念にするのを忘れないようにしたいですね。

休足中なのを良い事に、ストレッチもしないでゆっくり(ダラダラ)していたのなら、眠っている身体をしっかり起こしてあげないと、また怪我につながってしまいます。

ランニングを再開しようと思った朝は、【ランナーのための違和感チェック】で実際に身体を動かしてみて、本当に違和感が出ないか確認する事も忘れてはいけません。

そして、実際に走る前には、身体中の関節をよく動かす準備運動をして、違和感の最終チェックと筋肉の温度を上げて、走るために身体を目覚めさましょう。

この段階で身体が重かったり疲れてしまうようだと、まだランニングの再開は見送るべきです。

参考記事:ランニング前20分の運動で脚が軽い!走りが驚くほど変わる準備運動3つ

ゆっくりペースから足の具合をチェックする

痛みがなく準備運動もしっかりできたら、さぁ外に行きましょう!でも、いきなりペースを上げて走るのはちょっと待った。

いくら入念に準備運動をしていても、その場で立ってやる運動とランニングでは、足にかかる衝撃のレベルが全く違います。

スピードを上げるほど身体への負荷もおおきくなるので、ランニングを再開した日はゆっくりしたジョギング程度のペースに抑えておきましょう。 久々のランニングなら、少しの距離でも、ゆっくりでも、走れる喜びを感じるはずです。

風を感じて、足を動かして、走れる事を堪能するだけで気持ちが良いでしょう。物足りないくらいで切り上げて、身体のケアをしましょう。 すると…

気持ちいい!もっと走りたい!ランニング最高!と身体だけでなく心までも、解放されます。

一週間ぶりのランニング記録

復帰ラン

復帰ランの記録

タイム   18:02
走行距離  2.88km
平均ペース 6’15"

久々のランニングは、久々の朝ランでした。もう、気持ち良くて、気持ち良くて、本当に気持ち良かった。(しつこいですが、それくらい本当に…良かったんです)

入念過ぎるくらいにしっかり休足をしたので、走る前の日からソワソワして落ち着きがありませんでした。朝の気温は3℃だったのに、寒さのブルブルより走りたくてウズウズする気持ちが完全に勝っていて、外に出るのを躊躇する気持ちは全く無かったことに後から気付いて驚きました。

どうしてこんなにも走りたい身体になってしまったのでしょうか。

朝ランですっかりリフレッシュしたので、頭も身体もスッキリして仕事もサクサク順調に進んだ・・・と言いたいところですが、それも午前中まで。

午後は一気にペースダウンしてしまった私は、まだまだ未熟者です。

走ったからなのか、お腹の減りが早かったので、ランチは最高に美味しかった!ペースダウンした原因は、単に食べ過ぎただけか…。