tottoco*とっとこぼし

とっとこ走ってピカリと輝く星を見つけたい 美ジョガーに憧れる初心者ランニング女子のブログです。 2017年9月に始めたランニング。 初フルマラソンになる名古屋ウィメンズマラソン2018に向けて日々こつこつと丁寧にトレーニングをしていきます。 暮らしを豊かにするランニングスタイルで、笑顔で完走を目指します。

ホノルルマラソンの走り方。「6ブロック作戦」で楽に走る!

ホノルルマラソンの走り方。「6ブロック作戦」で楽に走る!

暑い夏が過ぎ、秋の空気が気持ちよくなって、走りやすくなってきましたね。

ランニングスクールのホノルルマラソンクラスに参加しているのですが、身体づくりを経て、いよいよ走り出します。しかし、ただ単に走るのではなく、ホノルルマラソンの為の走り方があるのだそう。

今回は、「地球の歩き方」ならぬ、「ホノルルマラソンの走り方」を教えてもらいました。

2015年にはホノルルマラソン公認トレーナーを務めた、プロマラソンランナー直伝のポイントは「6ブロック作戦」です!

では、どうぞ。

 

 

ホノルルマラソンのコースを見てみよう!

夏の間、ホノルルの暑さに耐える身体をつくる練習に励んでまいりましたが、いよいよ秋が到来しました! 走りますよ!

と、その前に。

ホノルルマラソンはどんなコースなのか確認して、走っているイメージを膨らませてみましょう。

ホノルルマラソンのコース

画像:honolulumarathon.jp

夜明け前にアラモアナ公園前をスタートした後、世界的に有名なワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドを経てハイウェイを抜けたらハワイカイで折り返し、カピオラニ公園でフィニッシュするという壮大なシーサイドコースです。

ハワイの景色の中を走っているところを想像すると、ワクワクしてきます。

 

「ホノルルマラソンの走り方」コースを6ブロックに分けると楽!

42.195km走ればホノルルマラソンは完走できるのですが、少しでも楽に走りたくありませんか?

走るためにマラソン大会に出るのに、楽に走りたいだなんて矛盾しているような気もしますが、できるだけ楽に、楽しく走るコツがあります。

それが、ホノルルマラソン「6ブロック作戦」です!

 

42.195kmを1kmごとに刻んでいくと、果てしなく長い道のりに感じますし、キリのいい5kmごとに走ったとしても最後に残った2.195kmがキツイのです。

この42.195キロという距離は特別で。
2.195キロなんてほんとに長く感じるけど、それが人間の限界まで丸裸にしてくれる。
ほんとに魅力的な数字やと思います。

2014年の名古屋ウィメンズマラソンを走り終えた安田美沙子さんの言葉、かっこいいですね。

しかし私は・・・丸裸になるほどの限界を迎えずに完走したい!笑

 

そこで、42kmをブロックで分ける方法を教わりました。

  • 7km×6ブロック
  • 6km×7ブロック

(これなら、丸裸になるのは195mですみます。)

このように分けると、どちらもちょうど42kmになるのですが、オススメは7kmごとに区切る「6ブロック作戦」。

なぜなら、ホノルルマラソンコースのポイントになる箇所がとっても分かりやすいのです。

 

ホノルルマラソンを楽に走るコツ

 

  1. スタートぐるっと
  2. ダイアモンドヘッド
  3. 住宅街
  4. ハイウェイ〜ハワイカイ
  5. ハイウェイ復路
  6. ダイアモンドヘッド〜ゴール!

ほら、あっという間でしょう?(え!? そうでもないですか!?)

6ブロック作戦だと、時間の経過が楽に感じるので、精神的な負担が軽減されます。

試走ができないホノルルマラソンでも、コースのポイントが分かっていると安心して走れるのですね。

 

ハワイの海、気持ち良さそう〜

 

「6ブロック作戦」攻略のために、時間に慣れる練習をしよう

この「6ブロック作戦」を攻略するために、1ブロックの距離である7km走る感覚に身体を慣らす練習をしましたよ。

まずは「距離」ではなく、「時間」に慣れることから始めます。

 

フルマラソンの目標タイムによって、7km走る時間は変わってきますよね。

  • 5時間目標なら1km約7分ペース
  • 6時間目標なら1km約8分半ペース

今回は、6時間で完走目標にした場合の1ブロック分(7km)の時間である60分走り続ける練習をしました。

この時、ペースや何キロ走ったかは気にせず、60分動き続ける事に慣れるのを目的にしています。

60分走ったら、残りはあと5セット走ればいいのだとイメージできます。これが残り10セットとかだと果てしなく遠いような気がしますが、5セットだと思うと頑張れそうです。

 

今回は時間にポイントを置いてトレーニングしましたが、次は距離にポイントを置いて練習をします。こうして段階を踏んでステップアップした練習方法を教えてもらえるのは、ランニングスクールならではですね。

フルマラソン完走に向けて走る時は、まずは時間から初めて距離に慣らしていくというポイントを覚えておきましょう。

  • ペースは気にせず時間で走る
  • ペースは気にせず距離で走る

どちらのフェーズも大切ですよ。

 

スクールはこちら

走って人生をカエル!ランニングスクールフロッグ

こちらも合わせてどうぞ

ランニング初心者「ホノルルマラソン完走したい!」全10回講座