tottoco*とっとこぼし

とっとこ走ってピカリと輝く星を見つけたい 美ジョガーに憧れる初心者ランニング女子のブログです。 2017年9月に始めたランニング。 初フルマラソンになる名古屋ウィメンズマラソン2018に向けて日々こつこつと丁寧にトレーニングをしていきます。 暮らしを豊かにするランニングスタイルで、笑顔で完走を目指します。

初心者ランナーがランニングフォームを意識して走って気付いた事

ランニングフォーム

「もっと速く走れるようになりたい」「故障しないように走りたい」

そんな事を思ったときに考えるのが、正しいランニングフォームとは何か。どんな走り方をしたらいいのか。

ベテランランナーも、サブ3ランナーも、みんなが気になる正しいランニングフォームですが、初心者ランナーにとっての正しいランニングフォームとは何なのでしょうか。

フォームを意識して走ってみて、気付いた事がありました。

 

初心者がランニングフォームを意識して走ってみる

ランニング雑誌を読んだことはありますか?

私は先日初めて購入してみたのですが、1冊の雑誌の中だけでも「ベストタイムを更新するためのフォーム改善!」「○○走法で故障知らず!」「上り坂を制するランニングフォームはこれ!」なんて、ランニングフォームに関するトピックがたくさん掲載されていました。

それだけランニングフォームを気にしているランナーが多いのでしょう。

やけに足音がドタドタした前回のランニングが気になったので、私も自分のランニングフォームを意識して走ってみました。

腕はどんな振り方をしているかな?脚はどうやって着地しているかな?歩幅は?腰の高さは?

意識してみたのはいいのですが、問題なのは、何をどうしたら正しいフォームになるのか正解がわからない!!

雑誌を読んでみても、全てが自分に当てはまるとは限らないし、どれを取り入れたらいいのかも全くわかりません。

そして気づいたのが、走り始めの初心者がランニングフォームを意識するなんてまだ早い!という事でした。

正しいフォームで走るために必要な事は何か?

ランニングフォームを改善する事は、怪我のないランニングや、より効率良く走る為には必要な事だと思います。

しかし、私のような走りの安定しない初心者には、技術的な改善より前に必要な事があります。走る為の身体と動きづくりです。

ランニングスクールで教えてもらった走るための身体になる”動きづくり”を始めてみたのですが、筋力も柔軟性もバランスもない初心者ランナーの私には、簡単な運動でさえまともに出来ません。

参考記事:最初のマラソン練習は走らない!初心者は股関節の柔軟性を上げる動きづくりを

こんな身体で技術的な改善をしようと思っても、残念ながら無理なんです。脚を上げるとか、歩幅を広くとか、言うのは簡単でもいざ自分の身体でやろうと思うと、思い通りにできません。思い通りに身体を動かすには、土台となる筋力や柔軟性が必要なんですね。

という事で、今の私には技術的なランニングフォームの改善よりも、地道な身体づくりが必要なのだと気付いた訳です。

ペテランランナーさんから見たら、当たり前の事を何言っているんだ!と思われるかもしれませんが、経験してみないと気付かない事もあるんです。考えが及ばなくて、何でもやってみたくなってしまうんです。

股関節の柔軟性を高める動きづくりは、やってみると思ったよりハードだとわかると思います。ストレッチと言うより筋トレに近いかもしれません。

今日も地道に身体をつくっていきますよ。股関節柔らかくな~れ。

フォームを意識したランニング記録

ランニングフォーム

フォームを意識したランニング記録

タイム   33:44
走行距離  5.10km
平均ペース 6'36"

動きづくりの運動をしてから5kmのランニングをしました。

走り始めてまだ2ヶ月。ある程度の距離を走ってみないと自分の走り方も安定しないですよね。ランニングを続けていくうちに、身体もだんだん出来てきて、そのうちにフォームも安定してくると思います。

動きづくりのようなトレーニングは、フォーム改善のように劇的な変化はありませんが、地道にコツコツと継続して積み重ねていくと後に効果を発揮するんです。きっと。

今の私には効果を実証する事が出来ないから、まだ断言できないのですが・・・。信じて取り組んでいきます。